2014年07月16日

フリーランスが海外と仕事をするためには自身の語学力も磨く必要がある

私が20歳ぐらいの頃に知り合って、そこから仲良くなって定期的にのみに行っている優秀なプログラマーの人間がいるのですが、その人間は会社を辞めて独立してから、頭に忙しくいろいろな仕事をしていて、そしてなおかつ勉強もかなり熱心に取り組んでいます。

それというのもやはり、会社に入れば、それなりに安定して給料というものがもらえたところから、フリーランスという自分で稼がなければ1円も入ってこない生活になった事による、不安というのもあるのだと思います。

もちろんそういった不安というのは、正しい不安だと思いますから、そこで変に楽観的に考えて、お金がなくなってまた就職に逆戻り…という事になるよりは、よほど良い精神状態でないかと思いますけどね。

そのプログラマーの友達と話をしていたら、最近は、中国のプログラマーなどがあってものすごく優秀な人間でありながら、かなりの低料金で仕事を受けている…という事情があって、日本国内でも、かなりプログラムの発注の単価が下がっているそうです。

最近はランサーズやクラウドワークスなどの、低料金で能力を持っている人間に仕事を外注できるサービスがありますから、確かにこういったところに、日本語のわかる外国人労働者が入ってこられたら、私たち日本人の仕事というのは、確実に出ることになりますね。

lancers.gif

また、そういった外国人のプログラマーは、日本語でのやりとりという事について少し問題がある場合はありながらも、仕事のスキルというのは全く問題ないどころか、本当に優秀な人間がゴロゴロしている…という事でしたので、それはかなり業界の人間としては恐ろしいことでしょうね。。

私のやっているような仕事では、あまり外国人の労働者が入ってくるような事は、少なくともすぐには考えられませんけども、やはり将来的な事を考えたら、そういったことも視野に入れて、自分自身もワールドワイドな視点で仕事をしているような感覚を持たなければいけませんね。

そういう意味では、英語の勉強をしたり、アジア圏の言葉を勉強したりという事も、これからの私たちフリーランスには必要になってくる事なのかもしれません。

私がよく見ている、英会話の勉強法ブログに書いてあった、

英語を使う仕事を選ぶなら

というページを読んでいたら、私自身が今何とかフリーランスとして仕事をできているという事などは、本当にあまっちょろいことで、これからももっともっと努力をしていかなければと感じました。

でも、英会話については、ここ1年ぐらいは特に集中的に勉強していた事もあって、少なくとも聞き取りの方は、自分でもわりと成長したと思っています。

外に出て外国人同士が会話をしているときに、側で何の話をしているのか?という事を聞き耳を立てて聞いているのですが、だいたい7割ぐらいのところは理解できたりします。

実際に外国人のネイティブの人と直接話すという事になってしまったら、おそらく緊張してしまって、その7割が2割ぐらいに減ってしまうのでしょうけども、あとはまあここからは実戦でのトレーニングという事になるのですかね。

何事も学んだだけで終わることではなく、きちんとアウトプットをして、自分の身に付くように訓練をしていかないと、語学も仕事も身につかないものですよね。

さて、これからも気合いを入れて頑張っていかねば!
posted by みき at 13:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

アドベンチャーゲームにも極上のミステリーがある

フリーダンスのライターという感じの仕事をしていると、よく言えば人生経験の何もかもが、自分の足しになる…という見方ができるもので、ともすれば怠けてしまって自分の好きな事ばかりしている生活も、プラス思考で捉えてしまうところがあったりします(笑)

もちろんこればかりではいけないのですが、気分が乗らない時に無理に仕事をしても良いクオリティーのものはできないので、もがいてもどうしようもない時には、ゆっくりとした気持ちで構いをというのが私の信条です。

最近とあるプレイステーションのアドベンチャーゲームにはまっているのですけども、これが何とも、上級のミステリー小説というか、こんなに素晴らしいストーリーを誰が考えたのだろうか?と思わずうなってしまうような、見事なゲームです。

たまにゲームをしたものでこういった当たりを引くと、おそらく私が知らないだけで、世の中にはまだまだ楽しいアドベンチャーゲームがたくさんあるのだろうという事を感じます。

基本的にアクションゲームというのは、悪く言えば字を読んでいくだけで、それほどゲーム性というものはないのですが、お酒を飲んで底上げ腰かけながら、ゆっくりとやるには、最適なゲームです。

以前はアクションロールプレイングが好きで、そればかりをやっていた私ですが、まとまったゲームの時間が取れなくなってからは、もっぱらアドベンチャーゲームが一番好きですね。もちろん、これも仕事の人生の肥やしになるようにと、楽しみながら考えてはいますよ。

http://adventuresinautism.org/
posted by みき at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

自動組版ツールがあれば作業時間が3分の1に

私も昔フリーペーパーの制作やら、グルメ雑誌の企画・雑誌の内容の構成の作業をしていた事があるのでわかるのですが、営業が取ってきたお客さんのデータを、フリーペーパーや雑誌の枠に当てはめてレイアウトを取っていく組版の作業というのは、手動でやろうと思うと、コピペのオンパレードになったり、文字の縦書やら横書きやらにも気を使う必要があったりと、本当に大変なんです...

フリーランスの私としては、今後受注する案件の単価アップ、そして自分の労働時間を減らす事を目的に、作業の効率化につながるものには、今年はどんどん投資をしていきたいと思います。

フリーペーパーの制作業務において、このInDesignの自動組版ができるツールなんかがあったりすれば、作業時間が相当短縮されるのは間違いないです。オペレーター3人の仕事が1人で出来るようになった、と書いてありますが、組版の業務が、手直しの要らない完璧な自動組版になったとすれば、ぶっちゃけ余裕で3倍位上のスピードで案件が完了すると思います。

私らのような小規模のフリーランスな人間にとってみれば、初期投資のとの兼ね合いもあるわけですが、常にある程度のキャパを持って仕事をするようにしないと、良い案件があるときに身動きができない...なんて事になったりするわけですから、このあたりの問題は真剣に考えなければいけません。

このInDesignの自動組版ツールは、体験版ってのもあるようなので、とりあえずは購入前に試してみるか...?という感じです。今年はいろいろな作業を効率化し、もう少し一案件ごとの単価をアップしたいところです。
posted by みき at 16:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

サラリーマン稼業に思った事

最近のように不況が長引く状態になってくると、私のようなフリーな生活をしている人間がうらやましくなってくるようだ。私の友人には今年に入ってからさらに仕事がきつくなって、どうやら給料もまた下がるかもしれない…ということを言っている友人がいて、先日その友人と話していたら、私がうらやましいというなことを言っていた。

確かに人の下で働いていないということの気楽さある半面、一旦収入が落ち込む等、その先収入が自動的に回復をしてくるという見通しが全くない…というような心理的な恐怖もあり、はたから見られている程楽な仕事ではない。ということは間違いない。

それでもまあ仕事も大変で、給料が下がっている中で、さらに体がきつくなる…というようなことはないので、まあ気楽といえば気楽なのかもしれませんけど。私がこのフリーな生活を選んでいることの一番の理由としては、絶えず自分の興味のある事に時間を使えることができるということが一つと、自分の時間を切り売りしていかなければいけないサラリーマンという生活に、この年齢になって危うさを感じてきたというところがあるからです。

サラリーマンさえしていれば最低限の生活をしてことができるから安心できる…というような考え方もあるかと思いますが、私にとっては自分自身の能力が身に付いていない中で、単にサラリーマンという中のぬるま湯につかっているという事が非常に危険だと感じていますので、今のような実力主義で、精神的な辛さもある仕事を選んでいても、だらだらとサラリーマン生活をしているよりは、随分と気楽なような気がします。

私は昔からこういうタイプではなかったのですけども、以前家庭の問題で経済的に非常に厳しくなったときに、自分の能力と将来について真剣に考えた事がありました。その時に至った答えが、現在の仕事を続けるということです。

人それぞれなかなか思い描いたように人生を進めないものですが、その中でも自分がどうなりたい…ということをしっかりと持っておけば、まあそれほど大きく間違わずにその道に進んでいくことができるのではないかと思っています。

私はいろいろなものを整理するのが苦手で、頭の中を整理するのにも随分時間がかかりました。自分の脳みその中というのもすっきりとフィッツケースのように整理できてしまえばイイのですけどね(笑)

そういえばそろそろまた引越しをする事になりそうなので、その辺の準備もまた時間を取られそうです。よく考えると去年からもいろいろとバタバタ等で歩いたりしているので、このあたりで少し腰を落ち着けて、仕事をしたいなという気持ちにもなってきましたね。
posted by みき at 15:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

富山の温泉が今から楽しみ

インターネット系の仕事をしていて良いなと思う瞬間というのは、やはり、会社に出社したり、事務所に常駐して仕事をしなければならないということはなく、ノートパソコン1台あれば、自分の好きな環境で仕事をする事ができる…というところでしょうか。

私は昔からそれほど金銭欲のないタイプなので、それほど給料が高いところで仕事をしたいという意欲はなかったのですけども、とにかく日々を自分の好きなように、気ままに暮らしたい…というような気持ちがあったので、まさに今の暮らしはそれに落ち着いたような感じになっていますね。

今ぐらいの時期になってくると、食欲の秋で食べ物も美味しくなってきますし、冬には暖かい温泉に入って言ったりするというのが、やはりどうしても1年の中で私の中では外すことのできない行事です。今年も富山 温泉に出かけようと思っていて、仲の良い先輩や友人と一緒に今から計画を立てているところです。

最近は富山の名産品などがよくテレビで紹介されていることなどもあり、実際に食べ物も美味しいですから、私は何か美味しいものが食べたいと思うときは、富山に行くことが結構多いです。これまで泊まった民宿や温泉についても、一件もはずれのものがなかったので、私の中ではかなり評価が高いですね。

今日はこれから写真撮影のために外に出かけてきますが、わりと晴れた良い天気になっているので良い写真が撮れるのではないかな…と期待しているところです。夜は友人と一緒に食事に行くことになっているので、そんなに長い間滞在できるわけではありませんけども、今の季節の、寒くもなく暑くもない快適な環境の中で、少しゆったりと自然の中で休んで来ることができれば…などと思っています。

台風が過ぎた後ということもあって、道路は砂利や落ち葉やらで結構大変な状態になっているみたいですけども、私はそれほど高い所には行かないつもりなので、大丈夫じゃないかと思いますけど。
posted by みき at 12:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

自由と不安

世の中が不景気だということもあり、また今月はお盆を挟むということもあって、私の仕事は今月、結構収入が落ち込む時期でもあります。それに今年は9月にも、ゴールデンウィーク並みの連休があるようで、どうやら来月も私の収入は結構不安定なものになってしまいそうな感じです(笑)

今年の前半はわりと仕事は好調だったので、そろそろアルバイトに来てくれる人も1人増やそうかな…?などと思っていたところではあったのですけども、8月のように暇な時期が出て、収入が落ち込むことがあると、またそういった考えも確定に至らず…というような状態ですね。

それにあと1人アルバイトの人を増やすと考えても、そのアルバイトさん用の机も、デスク 通販などで購入しなければならず、いろいろと準備にかかるお金もあるので、そういった面ではやはり簡単に人を雇うということはできないな…という感じですね。私の知り合いの自営業かなり長くやっている人にとっては、事務処理というのはなるべくアルバイトさんにやってもらって、自分は自分の仕事に集中しないとなかなか収入が伸びないよ…ということを言ってくれていますが、まさにその通りだなということを思いながらも、なかなかうまくやれずにいます。

自分で仕事しているということは、精神的にはかなり自由なんじゃない…?ということを言ってくる人も結構いるのですけども、実際にサラリーマンとは違って、25日になればお給料が必ず入ってくる…というようなものではありませんから、収入が落ち込む時期のストレスというのはやはりかなり大きなものがあります。

かといってサラリーマンのときのような、自分の努力が認められなかったり、アイデアを生かすことができず、ただの御用聞きのような仕事ばかりをしている…というような環境も私には耐えられないので、どちらかというと今の環境のほうがショーにあっているのかなという感じですけどね。
posted by みき at 14:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

安定志向...

私の家系はなぜか自営業をしている人が結構多くてフリーの仕事をするということに対する意識おそらく一般の過程とはかなりかけ離れているような感じです。私の友人の公務員の両親を持つ男性は、昔から自分自身が何かを起業するということについては考えたことすらなかったようです。両親からも勉強とにかくするようにと言われていて、バンド活動をなどをしている時もそれほどいい顔をされなかったと言っていました。

こういうのには何かやはりその家独自の伝統というか何というか、そういうものがあって、親からずっとって受け継がれてきている考え方というのはなかなか変わらないような感じですね。その友達自体は結構アイデアがすぐれていて、自分でビジネスを起こせば何かいろいろなことをやりそうな気がするのですけども。それでも小さい頃からずっと公務員や安定した仕事についての話ばかりを聞いてきているので、そういった事にチャレンジをしようという頭がないようです。

確かに、音楽やファッションデザイナー、小説家、芸能人などは、子供がそれを目指したいと言ったところで応援をしようと思う親というのは本当に少ないでしょうからね。日本というお国柄を考えてみるとおそれがはっきり言って大多数なのではないのかなと思います。

もちろん我が家でもできれば安定した仕事に就いてくれる方が安心だとは思っているのは間違いないでしょうから、私自身も早く実力を身につけて一人前の仕事ができる、手に職を持った人間になりたいですけど。
posted by みき at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

フリーランスな日記

フリーランスの気ままな生活

仕事も気が向いたときに、
アジア旅行なども気の向いたときに、
というフリーランスな生きざまの管理人が、
不定期で日々の生活をいろいろ書いていきます。

セミリタイアへの憧れを持ちながら、
せいぜいプチリタイヤくらいの生活で、
現在もネット、リアルでいろいろ展開中。

趣味のブログとして書くことで、
三日坊主的な日課に対する意識も、
改善していこうと考える。

ブログ自体のテーマもとってもフリーな感じで、
日記から趣味から旅行からショッピングから、
いろいろな情報を自由に書いていきます。
posted by みき at 16:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。