2013年03月15日

自動組版ツールがあれば作業時間が3分の1に

私も昔フリーペーパーの制作やら、グルメ雑誌の企画・雑誌の内容の構成の作業をしていた事があるのでわかるのですが、営業が取ってきたお客さんのデータを、フリーペーパーや雑誌の枠に当てはめてレイアウトを取っていく組版の作業というのは、手動でやろうと思うと、コピペのオンパレードになったり、文字の縦書やら横書きやらにも気を使う必要があったりと、本当に大変なんです...

フリーランスの私としては、今後受注する案件の単価アップ、そして自分の労働時間を減らす事を目的に、作業の効率化につながるものには、今年はどんどん投資をしていきたいと思います。

フリーペーパーの制作業務において、このInDesignの自動組版ができるツールなんかがあったりすれば、作業時間が相当短縮されるのは間違いないです。オペレーター3人の仕事が1人で出来るようになった、と書いてありますが、組版の業務が、手直しの要らない完璧な自動組版になったとすれば、ぶっちゃけ余裕で3倍位上のスピードで案件が完了すると思います。

私らのような小規模のフリーランスな人間にとってみれば、初期投資のとの兼ね合いもあるわけですが、常にある程度のキャパを持って仕事をするようにしないと、良い案件があるときに身動きができない...なんて事になったりするわけですから、このあたりの問題は真剣に考えなければいけません。

このInDesignの自動組版ツールは、体験版ってのもあるようなので、とりあえずは購入前に試してみるか...?という感じです。今年はいろいろな作業を効率化し、もう少し一案件ごとの単価をアップしたいところです。
posted by みき at 16:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。