2010年03月08日

サラリーマン稼業に思った事

最近のように不況が長引く状態になってくると、私のようなフリーな生活をしている人間がうらやましくなってくるようだ。私の友人には今年に入ってからさらに仕事がきつくなって、どうやら給料もまた下がるかもしれない…ということを言っている友人がいて、先日その友人と話していたら、私がうらやましいというなことを言っていた。

確かに人の下で働いていないということの気楽さある半面、一旦収入が落ち込む等、その先収入が自動的に回復をしてくるという見通しが全くない…というような心理的な恐怖もあり、はたから見られている程楽な仕事ではない。ということは間違いない。

それでもまあ仕事も大変で、給料が下がっている中で、さらに体がきつくなる…というようなことはないので、まあ気楽といえば気楽なのかもしれませんけど。私がこのフリーな生活を選んでいることの一番の理由としては、絶えず自分の興味のある事に時間を使えることができるということが一つと、自分の時間を切り売りしていかなければいけないサラリーマンという生活に、この年齢になって危うさを感じてきたというところがあるからです。

サラリーマンさえしていれば最低限の生活をしてことができるから安心できる…というような考え方もあるかと思いますが、私にとっては自分自身の能力が身に付いていない中で、単にサラリーマンという中のぬるま湯につかっているという事が非常に危険だと感じていますので、今のような実力主義で、精神的な辛さもある仕事を選んでいても、だらだらとサラリーマン生活をしているよりは、随分と気楽なような気がします。

私は昔からこういうタイプではなかったのですけども、以前家庭の問題で経済的に非常に厳しくなったときに、自分の能力と将来について真剣に考えた事がありました。その時に至った答えが、現在の仕事を続けるということです。

人それぞれなかなか思い描いたように人生を進めないものですが、その中でも自分がどうなりたい…ということをしっかりと持っておけば、まあそれほど大きく間違わずにその道に進んでいくことができるのではないかと思っています。

私はいろいろなものを整理するのが苦手で、頭の中を整理するのにも随分時間がかかりました。自分の脳みその中というのもすっきりとフィッツケースのように整理できてしまえばイイのですけどね(笑)

そういえばそろそろまた引越しをする事になりそうなので、その辺の準備もまた時間を取られそうです。よく考えると去年からもいろいろとバタバタ等で歩いたりしているので、このあたりで少し腰を落ち着けて、仕事をしたいなという気持ちにもなってきましたね。
posted by みき at 15:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。